保湿化粧品おすすめナビ

『保湿化粧品おすすめナビ』とヤフー検索してきた人はこちらです。
このサイトでは、2014年今話題の保湿化粧品をランキング形式で紹介しています。





<第3位>リ・ダーマラボ モイストゲルプラス

保湿化粧品ランキング、第3位は、「リ・ダーマラボ モイストゲルプラス」です。
モイストゲルプラスの特徴は、保湿を超える自活保水力で
自ら潤いを育み蓄える肌へ導くというところにあります。
詳しくは、下のリンクからどうぞ。

リ・ダーマラボはこちら




<第2位>グラスオール

第2位は、「グラスオール」です。
グラスオールは、酵母エキスのチカラによって、保湿を目指すというところにあります。
商品ページによれば、酵母はコラーゲンよりも高い保湿力があるそうですよ。

グラスオールはこちら






<第1位>ラ・ミューテ

保湿化粧品ランキング、第1位は、「ラ・ミューテ」です。
ラ・ミューテは様々な雑誌でも紹介されることが多い、 今人気の化粧品です。
ダマスクローズという高級な薔薇が成分として含まれています。
また、現在半額お試しキャンペーンをやっているのもポイントが高いですね。

ラ・ミューテはこちら





【保湿美容液で潤い美肌へ】
肌にとって保湿は肝心です。みずみずしく潤ったお肌は見た目にも美しいですが、実は肌にとって機能的に潤いは必要なのです。というのはバリア機能と大きく 関係しています。肌は外部刺激、例えば紫外線や摩擦などから肌内部を守らなくてはなりません。その役割を果たしているのが角質層なのです。角質が水分で充 分に潤っていれば外部刺激から身を守りつつ、肌内部の水分の蒸発を防げるのです。20歳まではなにもしなくても潤った肌なのですが、20歳を超えると徐々 に潤い物質の生産量が減るので、何らかのケアが必要になるのです。そんな時におすすめが保湿美容液です。
保湿というと乳液と勘違いされている方がいますが、美容液でするものです。というのは乳液というのは肌に水分を補給するのではなく、含まれる油分で肌にふ たをして肌内部の水分の蒸発を防ぐのが目的だからです。水分の蒸発を防ぐという意味での保湿はできますが、肌に水分を与えるのが目的ではないのです。
保湿美容液は本質的に肌に潤いを与えます。化粧水で整えた肌に乗せることで、その成分をより効率よく肌に浸透させられるのです。保湿美容液をのせたらその 後乳液でふたをして成分を閉じ込めましょう。これで保湿成分の蒸発、そして肌本来の持つ水分の蒸発を防げるのです。
保湿美容液でおすすめなのがセラミド配合のものです。セラミドとは角質の細胞間脂質の多くを占める成分と、肌の浅い部分にある物質なので、肌に浸透しやす いのです。

【保湿美容液でプラスの潤いを】
スタンダードなお肌のお手入れは、化粧水に乳液の黄金婚であり、プラスアルファ脳類おケアが、保湿美容液によって叶えられます。化粧水は大容量のタイプも ありますし、パシャパシャ使えたりして手応えもあります。乳液も、割とたっぷり使えますし、容器もそれなりです。
でも保湿美容液は、化粧水や乳液と比べると、容器自体はコンパクトなものが多くて、使用料の目安も好きない数字が記載されています。本当に、こんなに少な くて、お肌に潤いはあるのか不思議に思う女子もいるでしょう。おまけに、コストパフォーマンスの良い化粧品や乳液とは違って、なぜか保湿美容液は、小さい のにお値段は化粧水や乳液と変わらないのもミラクルなところです。
見た目の大きさや容量だけで言えば、少ないと感じるのは無理もありません。しかし化粧水で考えてみると、水という文字がついていることに気が付くでしょ う。化粧水のほとんどは水分であり、美容成分は薄められているわけです。乳液の場合はたっぷりとっても、油性の成分ですから化粧水程には使用はしません。 ですから、販売されている容量で、毎回のお手入れで良い感じに使用ができます。
化粧水を肌につけて、乳液を傘得るお手入れは実にシンプルですが、お肌状態にとってみると、もっと潤いが欲しい時もあります。そんな時には保湿美容液の出 番であり、水で薄めてはいないですから、美容に良い成分がそのまま肌へと伝わることになります。プラスの潤いを手に入れることができるアイテムです。


【保湿美容液で冬場の乾燥を乗り切ろう】
冬のお肌の乾燥は、実は夏から始まっています。
夏の強い紫外線ダメージによりお肌に負担がかかります。ベタベタするのを嫌い、基礎化粧品をきちんと塗っていない方が多くみられます。それを2、3ヵ月続 けてしまうと、当然肌内部の水分量は減り、徐々に乾燥が進みます。
そして、季節の変わり目である9月〜10月に、突然乾燥していることに気づかされます。乾燥肌は、この時期のアレルギーに反応しやすく、肌トラブルをます ます進行させてしまいます。
そんな肌状態のまま、12月の寒い季節を迎えると、湿度が低いためにさらに乾燥肌へと傾いていきます。
気温も低くなり、新陳代謝は低下するため、健康なお肌にはほど遠い状態になってしまいます。
そこで、1年中使っておくと良いアイテムがあります。保湿美容液です。
美容液は肌内部へダイレクトに浸透し、肌トラブルを改善・予防の力があります。
保湿効果の高い成分は、たくさんあります。
よく知られているものは、ヒアルロン酸です。これは、お肌の真皮層にあり、本来人間がもっているものです。年齢を重ねるとともに、減少します。
化粧品では、真皮層まで浸透はできませんが、ヒアルロン酸をお肌に与えることで、角質層を水分で満たしてくれます。
続いて、エラスチンです。こちらも真皮層に存在します。エラスチンがあることにより、お肌の弾力を生み出しています。保湿の効果も高く、ハリも出るため、 美肌には欠かせない成分です。
これらは一部の保湿成分ではありますが、保湿美容液を選ぶときの目安になります。
保湿美容液を継続して、乾燥知らずの潤いに満ちた美肌になりましょう。


【セラミド配合の保湿美容液が人気なわけ】
肌に不足しがちな成分を補給してくれるのが美容液です。様々な効果を期待した美容液がありますが、中でも多いのが保湿が目的の保湿美容液です。化粧水で肌 を整えた後に塗布して成分を浸透させ、その後乳液でそれを肌内部に閉じ込めるのが一般的な使い方です。そんな保湿美容液ですが、セラミドという保湿成分配 合のものが今人気となっています。その理由を探っていきます。
保湿美容液に限らず、化粧品に含まれる保湿成分というとコラーゲンやヒアルロン酸が有名です。セラミドは最近登場した成分なのですが、実は基礎化粧品に配 合するのに非常に適しているのです。というのはセラミドは肌の一番外側でバリア機能を果たしている角質層に含まれる成分だからです。コラーゲンやヒアルロ ン酸も保湿成分ですが、角質層ではなく真皮層に存在する成分なので、なかなか浸透できないのです。それに加えてヒアルロン酸は分子が小さいので、肌に浸透 しやすいというメリットもあるのです。
こういったことから保湿美容液を選ぶならセラミド配合のものがいいのです。ただ、一言でセラミドと言ってもいくつか種類があります。選びたいのが天然セラ ミドかヒト型セラミドです。馬などから抽出されたまさに天然のセラミドが前者、酵母から作られ、人間の皮膚に含まれるセラミドとほぼ同じ化学構造なのが後 者です。値段的には後者の方が安いので、とりあえずセラミドを試したいなら、まずはヒト型セラミド配合のものを試してみるといいかもしれません。

【保湿美容液のもたらす肌への役割】
保湿美容液はスキンケアする中でも、とてもスペシャルなアイテムであり、少しだけレベルの上にあるイメージもあります。特別感のアイテムですから、お手入 れに使っていない女子もいるでしょう。でもスキンケアに保湿美容液を使わないのは、実はもったいないかもしれません。それぞれにスキンケア商品には、必要 な役割があります。
まず化粧水というのは、乾きがちな皮膚に水分を補充することができます。失わればちな角質における水分を、化粧水によって補給できるのですから、潤い重視 の女子には欠かせません。その上に、そのまま美容クリームや乳液を重ねるのもいいでしょう。水分蒸発は、これらの油性成分が守ってくれますから、皮膚を守 るのに必要です。
でも本当は、化粧水を塗布したあとには、ひと手間のケアを入れる友といいのです。それが保湿美容液であり、お肌への潤いも与えてくれますし、皮膚における 若々しい潤いを保持する作用も持っている強みがあります。こうしたことからもわかるように、化粧水に関して言えば水分補給には欠かせないアイテムであり、 美容液というのは贅沢感あふれる保湿成分でお肌をケアしてくれることがわかります。
女子のお肌はデリケートであり、意外と乾燥しがちなものです。化粧水だけだと余計乾いてしまいますし、乳液で終わらせると乾いた状態をしっかりうるおいで 満たすには不足になることもあります。特に温度が下がる寒い冬などは、保湿美容液でのケアは良いでしょう。